格安SIM

格安simへmnpをする際に抑えておくべきポイントとは?手順や注意点、mnpがおすすめの格安simを紹介!

mnpを利用して格安simへ乗り換えをするメリットとデメリット

まずは新規契約で格安simを契約するのではなく、mnpを利用して乗り換えをするメリットとデメリットについて解説を行っていきます。

メリット

メリットは以下のような点が挙げられます。

・電話番号が変わらない

・格安simによってはお得に契約できる

仕事やプライベートなどで様々な人やサービスなどに電話番号を通知・登録している場合、電話番号が変わると非常に困ります。

mnpを利用すれば電話番号が変わったことを通知したり変更手続きの手間がないので、仕事などで現在の番号を利用している人、友人が多い人などには特にメリットがあります。

 

また格安simによっては通話simを新規もしくはmnpで契約した場合にはsimフリー端末がセットで安く買えたり、多額のキャッシュバックがもらえるなどのメリットもあります。

デメリット

デメリットは以下のような点が考えられます。

・手続きがやや複雑

・mnp転出手数料がかかる

新規契約で通話simを契約する場合と比較すると、mnp予約番号を発行したり、mnpの転入切り替えて続きをしなければならなかったりと、やるべきことが多く手続きが煩雑です。

またmnpで乗り換える場合、違約金・解約金などとは別にmnp転出手数料がかかります。mnp転出手数料は各社ごと・プランごとに異なりますが、概ね2,000円~3,000円程度となっています。

格安simへ乗り換えをする前に確認しておくべきこと

初めて大手携帯キャリアからmnpを利用して乗り換えをする場合、何かと不安があるでしょうが幾つかのポイントを抑えておけば無理なく乗り換えができます。

乗り換えをする前に確認しておくべきことこととしては以下のようなことが挙げられます。

・解約金や違約金の有無や金額

・端末の残債

・simロック解除が可能か

・乗り換えできるのは音声通話simのみ

特に気をつけたいのが解約金や違約金、現在使っているスマホの端末代の残債の総額がどのくらいになるかということです。

大手携帯キャリアでは契約更新月以外にmnpをすると違約金が発生しますし、契約しているプランによっては多額の違約金がかかるので、必ず確認をしておきましょう。

また端末を流用して使おうと考えている場合には、simロック解除が可能であればできる限りsimロック解除をしておくことをおすすめします。simロック解除をしておくことで利用できるプランの選択肢が増やせます。

simロック解除は各キャリアのショップもしくは、WEBで手続きができます。

 

なおmnpで契約できるのは音声通話simのみとなっています。

データ通信専用simやsms機能付きデータsimを使いたい場合には新規契約で申し込みをしましょう。

SMS機能付きデータsimはどういう人に向いてる?おすすめの使い方や向いている端末を徹底解説!

格安simへmnpをする具体的な手順

手続前のポイントについての確認が済んだところで、いよいよmnpの具体的な手順を順を追って紹介していきます。

ひとえに格安simの申し込み方法と言っても様々な方法がありますが、今回はWEBから通常申込でmnpを行うことを想定して手順を解説していきます。

 

mnp予約番号を発行する

まず最初に行うことがmnp予約番号の発行です。

docomoのスマホを使っている場合には電話もしくはWEBで、auやSoftbankのスマホを使っている場合には電話もしくは来店して手続きをすることでmnp予約番号の発行ができます。

初めてmnp予約番号を発行する場合には電話が手っ取り早く確実なのでおすすめです。

各キャリアごと以下の現在使っているスマホから以下のダイヤルに電話をかけることで予約番号の発行ができます。

・docomo…151

・au…0077-75470

・Softbank…0800-100-5533

なお予約番号を発行する際にはタイミングに要注意です。

mnp予約番号には有効期限があり、取得日を含めて15日となっています。

WEBから格安simにmpnをする場合、有効期限が12日以上残っていないと手続きが不可、というケースが非常に多いので、予約番号の取得は手続きの前日や直前に行うのがおすすめです。

 

用意するもの

mnpで格安simに乗り換える場合、以下のものが必要となります。

予め用意しておくことでスムーズに手続きができます。

・本人名義のクレジットカード

・mnp予約番号

・運転免許証などの本人確認書類(デジカメなどで撮影するかスキャンしておく)

本人確認書類については運転免許証があれば一番良いのですが、無い場合には保険証+住民票などでもOKな場合があります。

事前に自分が契約しようとしている格安sim会社に確認をとっておきましょう。

申し込みをする

格安sim会社の公式サイトにアクセスし、「申し込み」を選択することで手続きができます。

基本的には画面の案内に従って選択・情報入力をしていけばOKです。

simの種別は「通話sim」を選び「mnp」を選んで事前に取得しておいたmnp予約番号を間違えずに入力しましょう。

なお、格安sim会社によっては申し込み手続きと一緒に本人確認書類の提出を行う場合もあります。

 

本人確認書類をアップロードする

申し込みが完了したらそのまま本人確認書類のアップロード案内が表示されます。

予めデータ化しておいた運転免許証などの本人確認書類をアップロード提出することで申し込み手続きは完了です。

 

simが届いたら行うこと

simが自宅に届いてもすぐに格安simが使えるようになるわけではなく、mnpの切り替え手続きが必要です。

手元にsimカードが届いたら、マイページにログインして、もしくはmnp切り替えの受付センターに電話して手続きをすることで、大手携帯キャリアから格安simへの電話番号の移行作業が始まります。

概ね30分から1時間程度で切り替え手続きは済みます。

深夜などに手続きをした場合、切り替わるのが翌日になることもあるので、タイミングを図って手続きをしましょう。

なお切り替え手続きを忘れた場合でも、mnp予約番号が失効する前日や前々日などに自動的に切り替わるので大丈夫です。

 

mnpで乗り換えをするのにおすすめの格安sim会社3選!

mnpを利用して乗り換えることでお得に契約ができるおすすめの格安sim会社を3つピックアップして紹介していきます。

 

・楽天モバイル

通話simとセットでsimフリー端末をお得に購入できます。

特に楽天スーパーセール時には破格の値段が購入できるので、simフリー端末をセットでお得に買いたい人におすすめです。

 

・LINEモバイル

通話simを契約した人を対象としたキャンペーンが非常に多いです。

基本使用料が数ヶ月間大幅に割引されたり、LINEポイントによるキャッシュバックもあるので、キャンペーン情報を確認しつつ、乗り換えのタイミングを図ると良いでしょう。

 

・IIJmio

通話simの契約者を対象とした割引キャンペーンや、端末を安く購入できるキャンペーンが豊富です。

基本使用料の割引キャンペーンと、セット端末の割引キャンペーンの併用ができるので、初めてsimフリースマホを使う人は非常にお得に利用できます。

まとめ

格安simへのmnpは難しいように感じてしまいがちですが、要点を抑え、格安sim会社の案内に従って一つ一つ丁寧に作業をすれば非常にスムーズに手続きができます。

またネットでの手続きが難しい場合、mineoや楽天モバイルなどの格安sim会社では、主要都市に公式のショップを展開していて、大手携帯キャリアと同じ様にショップで手続きができます。

今や格安simへのmnpのハードルは非常に低くなっているので、必要以上に不安視せず、まずは格安sim会社に問い合わせを行い、乗り換えを検討することをおすすめします。