ネット回線

プロバイダ名の簡単な確認方法と調べ方とは?

毎日ネットを使っているけど、契約しているプロバイダの名前はあやふや。

そういう人は割と多いのではないでしょうか?

「光回線の契約をしたが、プロバイダの名前を思い出せない」

「仕事場や自宅のアパートなどでどのプロバイダの回線を使っているのかを知りたい」

こういう時にすぐできる、簡単な確かめ方を今回はお教えしようと思います。

プロバイダの中でも代表的なもの

日本でネット回線を提供しているプロバイダのうち、代表的なのは次の10社です。

■ASAHIネット
■BIGLOBE
■hi-ho
■So-net
■ぷらら
■@nifty
■BB.excite
■DTI
■OCN
■WAKWAK

NTT東日本が提供しているプロバイダパックは、フレッツ光とプロバイダのサービスを1つにまとめたものです。

これを利用した時に契約を結ぶプロバイダは、ほとんどの場合が上記10社のいずれかとなります。

それでは、「フレッツ光の利用」のみだったとして、そこからプロバイダ名を明らかにすることは可能なのか?

上述した10社はあくまでプロバイダの中でも代表的なもの。

NTT東日本でプロバイダパックを利用する際に契約を結ぶことができるのがこれらの業者というだけの話です。

この他にも多くのプロバイダがあり、ネット回線を提供しているのです。

加えて、「フレッツ光」と一口に言っても契約次第ではこの10社よりさらに多くの中から選べます。

そもそもフレッツ光以外にもネット回線を提供しているサービスはあるのです。

よって、プロバイダ名を明らかにするには「フレッツ光の利用」という情報のみだと足りません。

ですがPCやスマホといった端末からネットに繋ぐことのできる環境であれば、プロバイダ名はすぐに調べられるのです。

WiMAXのおすすめプロバイダキャンペーン5つ厳選|2019年版WiMAXは公式のUQ WiMAXで申し込むものと思っていませんか? 実はプロバイダでWiMAXを申し込むと、キャッシュバックや月額割引を受けて利用料金を安くできます。 ここでは、おすすめWiMAXプロバイダのキャンペーン情報をご紹介します。...

3つの手段を使えばプロバイダ名を確認可能

次の3つの手段を用いれば、どのプロバイダと契約中なのかを知ることができます。

■ネットに繋いだ状態でIPアドレスを参照する
■契約内容が記載された書類を見る
■クレジットカードや銀行口座の利用明細を見る

ここからは1つ1つの手段を詳しく見ていきましょう。

ネットに繋ぎ、IPアドレスを参照する

ネットに繋がる環境があるのであれば、これが一番手っ取り早くて簡単でしょう。

まずは「確認くん」というオンラインサービスに接続してみてください。

今利用しているIPアドレスやゲートウェイの名称といった情報が一覧で表示されます。

プロバイダ名を調べるのは「ゲートウェイの名前」からでもできますが、IPアドレスを参照した方がより簡単でしょう。

「Whois – ドメイン調査ツール」というサービスにIPアドレスを入力すれば、プロバイダがすぐに分かります。

非常に簡単で時間もかからないやり方ですが、大きな欠点が1つ。

それはネットに繋がる環境がないと使用不可という点です。

では、なんらかのトラブルによってネット回線が切断されてしまっている時はどうやって確かめるのか?

契約内容が記載された書類を見る

ネット回線の利用を申し込んだ際に契約書類の控えを受け取っているはず。

プロバイダ名を調べるにはその書類を見ればいいわけです。

契約書類の他、ユーザーガイドや、会員情報を始めとしたデータが載っている書類が後から郵送されてくることもあるでしょう。

会員情報はとても重要です。

ネットに繋ぐ時やWebの会員用ページにログインする時など、あらゆる場面で入り用となります。

万が一会員情報が書かれた書類をなくしたり、会員情報自体を忘れてしまったりした時には、即座に再発行やパスワード変更の申し込みをしてください。

料金の請求書や利用明細を書面での発行にしてもらっているのであれば、そちらでも確かめられます。

契約書類や請求書などが手元にないのであれば、次の方法です。

クレジットカードや銀行口座の利用明細を参照する

ネット料金をクレジットカード支払いや口座引き落としに設定しているのであれば、これらの利用明細を参照すれば支払い先のプロバイダ名が分かるはずです。

明細の中からネット料金を支払った時のものを見つけてみてください。

プロバイダがNTTぷららの場合なら「ぷらら利用料」と明細に書かれることになります。

項目が本当にプロバイダの利用料金なのかを確かめたいのなら、検索で「ぷらら プロバイダ」などと入力して調べてみましょう。

ただしこの方法にも気を付けるべき点が1つ。

一括請求サービス(KDDIの「まとめて請求」やNTTの「おまとめ請求」など)の利用時にはこの確認方法は使用不可です。

こういう時はKDDIやNTTからの請求額の内訳を見ればプロバイダの名前が確認できる可能性もあります。

もしできなかったのなら、一括請求サービスの提供元に連絡して確認してみてください。

まとめ

プロバイダ名を明らかにするための3つの手段を紹介しました。

ではもう一度おさらいしてみましょう。

■ネットに繋いだ状態でIPアドレスを参照する
■契約内容が記載された書類を参照する
■クレジットカードや銀行口座の利用明細を参照する

契約を結んでいるプロバイダが分からない時は、以上3つの手段を用いて調べてみてください。