ガジェット/その他

【WiMAX】引っ越し前に住所変更は必須!手続き前の注意点や手順を解説

この記事では、WiMAXユーザーの住所変更手続きに関する情報をまとめてご紹介しています!

 

WiMAXユーザーは引っ越しの際に住所変更手続きが必要!

「いちいち住所変更するのめんどくさいなー」

「住所変更しなくても使えるでしょ」

と思われている方も多いかもしれませんが、WiMAXユーザーは引っ越しの際に必ず住所変更が必要となります!

住所変更しないとどうなる?

  • 重要書類が届かない場合がある
  • WiMAXが使えなくなる場合がある

WiMAXからの重要書類(支払督促や企業からの案内など)は確実に手元に届いている必要があります。

また、住所変更をしていない場合はWiMAXを使えなくなってしまうケースもあるようです!

なので、住所変更は必ず行ってください!

 

WiMAX住所変更の前に確認しておきたいこと

WiMAX住所変更の前に確認しておきたいことは主に2つです!

引っ越し先がWiMAXサービス対象エリアか確認しておく

引用元:WiMAX

引っ越し先がWiMAXサービス対象エリアか確認しておくことをおすすめします。

「WiMAXは全国カバー率が高いから大丈夫でしょ!」と思っているそこのあなた!

確かにWiMAXは全国どこでも使えますが、あなたの引っ越し先で快適に使えるかどうかは別の話です。

引っ越し先がサービス対象エリアかどうか確認する方法

引っ越し先がWiMAXサービス対象エリアかどうかはUQコミュニケーションズの公式サイトか各プロバイダの公式サイトで確認できます。

サービス対象エリアの検索方法は以下の記事の「ピンポイントエリア判定の使い方」を参考にしてみてください!

WiMAXが圏外で使えない!今すぐ試せる復旧させるための3つの方法この記事では、圏外でWimaxが使えなくなった場合に今すぐにためせる復旧させるための3つの方法と、圏外になってしまう5つの原因と対策についてご紹介しています!...

 

WiMAXは2種類の回線がある

2種類のWiMAX回線

  • 最大速度下り13.3Mbps/上り15.4Mbps(旧規格)2020年3月末で停波決定
  • 最大速度下り558Mbps/上り30MbpsのWiMAX2+(高速化が目的の新規格)

旧規格のWiMAXは2020年3月末で停波が決まりました。

旧回線のWiMAX→WiMAX2+へと流用促進されているので、WiMAXの通信速度はその分落とされているんです!

 

WiMAX2+対応新機種への切り替えも検討したほうがいい

WiMAXを使っている方はサービスエリアも異なりサービス終了により使えなくなる場合が多くなってくるので、旧規格のWiMAXのみに対応した旧式ルーターを使っている場合はWiMAX2+対応新機種への切り替えも検討したほうがいいと言えます!

WiMAX2+サービスは使用するルーターや提供エリアによって下りの最大速度が「440Mbps/370Mbps /220Mbps/110Mbps」と分かれるので、回線速度にこだわりたい方は事前に確認しておきましょうね!

 

家でも使うなら住居での電波状況を確認しておく

もしあなたがWiMAXを自宅用のルーターとしても使いたいのであれば、住居での電波状況を事前に確認しておくことをおすすめします!

「引っ越し終わったけどここ全然電波ないじゃん泣」となる場合って結構多いんです!

内覧時にWiMAXを持って行くとGOOD

物件を決める際にいくつかの物件を内覧すると思うんですが、その時にWiMAXを一緒に持っていき、物件の電波状況を確認しておくと良いです!

どの部屋が電波が良い悪いかをメモしておくことで物件を選ぶ基準も変わってくると思うので重要な選択基準ですよ!

 

電波干渉を受けやすい環境の一例

「電波干渉」とは、WiMAX以外の機器から発生する電波に影響を受けて、WiMAXの通信速度が低下したり使えなくなる現象のことを言います。

WiMAXは「2.4GHz帯」の電波を使用しているので障害物や距離に強い特性があるんですが、電波干渉を起こしてしま可能性がゼロではないので、電波干渉を引き起こす原因の一例のを確認しておきましょう!

電波干渉を引き起こす原因の一例
  • WiMAX以外の無線LAN電波が飛んでいる
  • PCやスマホのBluetoothが飛んでいる
  • 電子レンジの近くにWiMAXを置いている
  • オフィスビルが家の近くにある
  • マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいる
  • フリーWi-Fiスポットが設置されてるカフェやショップが近くにある
  • 商業施設が近くにある

 

通信速度制限にも注意!

余談ですが、WiMAXを自宅用のWi-Fiルーターとして使う予定のある方は通信速度制限にも注意するようにしましょう!

WiMAXは以下のような状態になると通信速度制限がかかるようになっています。

 

【3日間で合計10GB以上の通信量を使用】

翌日18:00〜翌々日2:00の8時間(ネットワークが最も混雑する時間帯)通信速度が概ね1Mbpsまで引き下げられる。

 

 

WiMAX住所変更手続きの手順

「my UQ WiMAX」にログインします。

引用元:UQ WiMAX

 

トップ画面になったら、「ご契約内容」ボタンをタップします。

引用元:UQ WiMAX

 

「契約者情報照会/変更」ボタンをタップします。

引用元:UQ WiMAX

 

契約者情報が表示されるので、確認しながら下へスクロールします。

引用元:UQ WiMAX

 

ページ最下部までスクロールし、「契約者情報を変更する」ボタンをタップします。

引用元:UQ WiMAX

 

「請求先情報も一緒に変更」「契約情報のみ」のどちらかをタップします。

引用元:UQ WiMAX

 

変更したい箇所修正し、「次へ」ボタンをタップします。

引用元:UQ WiMAX

 

最後に確認画面が表示されるので、変更内容が間違いなければ「変更する」ボタンをタップします。

これでWiMAXの住所変更手続きが完了となります。

引用元:UQ WiMAX

 

WiMAXの住所変更手続きの注意点や手順まとめ

今回の内容をまとめると、以下のようになります。

 

WiMAXユーザーは引っ越しの際に住所変更手続きが必要!

住所変更しないと「重要書類が届かない場合がある」「WiMAXが使えなくなる場合がある」

 

WiMAX住所変更の前に確認しておく2つのコト

①引っ越し先がWiMAXサービス対象エリアか確認しておく

  • 引っ越し先がWiMAXサービス対象エリアかどうかはUQコミュニケーションズの公式サイトか各プロバイダの公式サイトで確認できる。
  • サービス対象エリアの検索方法は以下の記事の「ピンポイントエリア判定の使い方」を参考に!

https://gadgets-hack.com/wimax-kengai/

  • WiMAX2+対応新機種への切り替えも検討したほうがいい

 

②家でも使うなら住居での電波状況を確認しておく

  • 物件内覧時にWiMAXを持って行くとGOOD
  • 電波干渉を受けやすい環境の一例を確認する
  • 通信制限速度にも注意する