海外Wi-Fi

日本のポケットWi-Fiは海外では使用不可!?通信料金が高くなりすぎないようにするためには

「ポケットWi-Fi」と呼ばれるものをご存知でしょうか?

海外でwifi
楽に持ち運びが可能なほどコンパクトなWi-Fiルーターで、スマホやノートPC、タブレットなどをいつでもどこでもネットに繋げることができる便利アイテムです。

「とっくに知ってるし使ってる」という人がみなさんの中にもいると思います。

そのうち何人かはこう考えているかもしれません。

「このポケットWi-Fiを海外旅行中にも使いたい」と。

期待を裏切ってしまうようで残念ですが、それは無理です。

日本のポケットWi-Fiを海外で利用することは、基本的にできないのです。

使うだけなら可能な機種も一応は存在します。

しかし海外で使った後、日本に帰って少ししてから通信料金の請求書が届き、あまりの金額の高さに驚くことになるでしょう。

今回解説するのは、なぜ日本のポケットWi-Fiが海外では使用不可能なのかについて。

それと合わせて、海外でもバッチリ使用可能な機種もお教えしましょう。

海外旅行を快適なものとするために、ポケットWi-Fiについての知識を深めていってください。

海外でネットを利用したいと考えているのであれば、海外利用OKなポケットWi-Fiのレンタルが一番です。

おすすめする理由は次の通り。

1. 普段使っているポケットWi-Fiと使用方法がほぼ同じ。
2. 定額で利用できるため、使いすぎて料金が跳ね上がることがない
3. レンタルのため、通常の契約よりもずっと安い

レンタルWi-Fiサービスとして特におすすめなのが、サポートが手厚い「グローバルWiFi」と、テレビCMで有名な「イモトのWiFi」の2つ。

コストパフォーマンスの面から見ても非常に優れています。

ぜひお試しください。

イモトのWiFi

海外で日本のポケットWi-Fiは使用可能か?


率直に申し上げれば、日本のポケットWi-Fiは通常、海外では使用不可です。

例えば、代表的なサービスであり利用者も多い「UQ Wimax」と「Yahoo!WiFi」はともに海外での利用には未対応。

ドコモのポケットWi-Fiなら利用自体は可能ですが、料金体系が日本での利用時とは異なるので注意が必要です。

通常のポケットWi-Fiが対応している電波は、国内のもののみ。

ドコモの機種が海外でも使えるのは、「国際ローミング」と呼ばれる仕組みを利用しているからです。

しかし積極的な利用は推奨できません。

その理由を今から説明します。

国際ローミングが可能なドコモは料金が高くなりやすい

「海外でモバイルWi-Fiルーターを利用するには、どうしたらいいですか?

WORLD WINGのお申込みが必要です。
また、ご利用いただけるエリアやサービスについては、渡航前に対応エリア・通話料・通信料を調べるをご確認ください。(出典:ドコモ公式サイト)」

ドコモのポケットWi-Fiは、あらかじめ申請を出せば海外での利用も可能です。

とはいえ、おすすめはしません。

なぜかと言うと、国際ローミングを利用すると料金請求の時に泣きを見ることになるためです。

パケット定額制で契約をしていても、海外で使った分には適用されません。

したがって、海外での通信料金はネットを利用すればするほど際限なく上がっていくというわけです。

海外での利用に対応したパケット定額制も近年から始まっていますが、それでも別途、1日につき1000~2000円程度の料金が請求されます。

使い勝手がいいのは、海外Wi-Fiレンタルサービス!

レンタルwifi
海外でも使用可能なポケットWi-Fiルーターを貸してくれるのが、海外Wi-Fiレンタルサービスです。

なんといっても、レンタルして持参するだけというお手軽さがおすすめです。

「グローバルWiFi」や「イモトのWiFi」といったサービスは名前を聞いたことのある人もそれなりにいると思います。

海外での使用を前提としたサービスですから、自分で設定をいじらなくてもOK。

スイッチ1つで即使用可能なので、実にお手軽です。

普通のポケットWi-Fiと使い方もいっしょとあって、安心感があります。

>>>イモトのWiFiをチェック!

>>>グローバルWiFiをチェック!

定額制なので使いすぎても大丈夫!

海外Wi-Fiレンタルの料金は、何日間借りたかで計算します。

通信量で計算する国際ローミングとは違い、料金が天井知らずに上昇していくことはないので安心です。

しかし制限なしに利用できるわけではありません。

通信量には一定の上限が1日ごとに定められているのです。

とはいえ通信量の大きさはプランを変更することによって増減させることが可能です。

ネットをそこまで頻繁には利用しないなら通信量が少なめで安価なプランを、海外滞在中であってもSNSをフル活用したいなら大容量を使える高額プランを。

自分の好みに合わせて切り替えましょう。

ルーター1台に複数の端末を繋げる! 家族や友人ともシェアしよう

通常のポケットWi-Fiと同じように、ルーター1台に対して複数の端末を繋げることが可能です。

接続できる端末の数はサービスごとに違いますが、だいたい多くても5台ほどです。

グローバルWiFiを例に挙げると、レンタルしたルーターを韓国まで持っていって、iPhoneを5台繋いだ時の速度がおよそ17Mbps/sです。

自分が持っているスマホ以外の端末を同時に繋いで利用しても良し、友人にシェアさせてあげるも良し。

後者ならレンタル料金をいっしょに負担すればさらに安く使えてお得です!

おすすめの海外Wi-Fiレンタルサービスはこれだ!

グローバルWiFi

グローバルwifi
トリップアドバイザーのユーザーたちが選ぶモバイルWi-Fiランキングの中で、2014年と2016年に1位に輝いたサービスです。

そのほかのアピールポイントとして、日本で最も空港カウンター数が多いという点が挙げられます。

ポケットWi-Fiは郵送でルーターをやり取りすることが多いのですが、空港カウンターなら海外旅行への出発時にさっと借りられて、帰ってきたらその場ですぐに返却できます。

手間なくスムーズに利用したいならグローバルWiFiが一番です。

グローバルWiFiの公式ページ

GOLOBAL WiFi

イモトのWiFi

イモトのWiFi
海外Wi-Fiレンタルサービスとしては日本初。

実績があり、信頼できるサービスです。

持っていく先の国によっては、追加料金なしで大容量プランへの変更が可能となるキャンペーンを行っています。

普段の通信量が多い方におすすめです。

イモトのWiFiの公式ページ

イモトのWiFi

まとめ

日本のポケットWi-Fiがどうして海外で使えないのか、分かっていただけたでしょうか?

通常、海外では日本国内で契約したポケットWi-Fiは使用不可能です。

ドコモの機種であれば一応は使えますが、料金のことを考えれば積極的には使わない方がいいでしょう。

ポケットWi-Fiユーザーであれば、手軽に利用できる海外Wi-Fiレンタルサービスがおすすめ。

面倒な設定は一切必要なし。

レンタルして持参するだけで即ネットに繋げられるのです。

料金は通信量ではなく何日借りたかで決まるため、高くなりすぎることはありません。

また、ルーター1台につき端末を複数繋げられてお得です。

海外Wi-Fiレンタルサービスについてさらに詳しい情報がほしいのなら、公式サイトをチェックです。