ポケットWi-Fi

ワイモバイルのポケットWi-Fiは田舎で使える?エリアを解剖!

田舎に住んでいる状況でワイモバイルのポケットWi-Fiを使いたいと思っても、電波が飛んでいるのか気になるのではないでしょうか?

ワイモバイルは品質の高い回線で全国規模でサービスを提供しているので、理論上では田舎での利用が可能ですが、ポケットWi-Fiを使う場合は制約が生じる恐れがあります。制約が生じた場合も考えて、他社のポケットWi-Fiも選択肢に入れておくのが無難です。

ここでは田舎でワイモバイルのポケットWi-Fiが使えるのか、住んでいる地域が提供エリアなのかを調べる方法と注意点をご紹介します。田舎住まいでワイモバイルのポケットWi-Fiを契約しようか考えている人は参考になること間違いありません。

ワイモバイル回線の仕組み

ワイモバイルは2種類の回線を用いてサービスを展開しているので、ポケットWi-Fiを利用できるエリアは広範囲です。プラチナバンド対応なので、障害物となる建物や壁があっても安定した通信が可能となっています。

独自とソフトバンク回線を併用するからエリアが広い

ワイモバイルは自社とソフトバンクの2種類の回線を併用してサービスを展開しているので、人口カバー率が99%以上になるほどエリアを広げています。

引用元:ワイモバイル

つまりはワイモバイルのポケットWi-Fiが利用できるエリアは全国区ということで、田舎と呼ばれる地域でも使用できる可能性は十分にあるといえます。

プラチナバンド対応で室内での受信感度も良好

WiMAXのポケットWi-Fiを使った経験がある人だと、建物が多い場所や室内にいるときにワイモバイルの電波が入るのか心配になりませんか?

ワイモバイルではプラチナバンドと呼ばれる周波数帯の電波が利用できるので、複数の建物がある場所や室内にいても安定して電波が入ります。端末を窓際に置いたりする必要がないので抜群の機能性です。

4×4MIMO・Massive MIMOの導入で安定性が向上

ポケットWi-Fiを契約するときは夜に回線混雑による速度低下が起きないか心配になるものですが、ワイモバイルは4×4MIMOとMassive MIMOが導入されているので時間帯に関係なく安定した通信が可能となっています。

4×4MIMOとMassive MIMOは回線上の道路を増やして通信混雑を緩和する技術で、今後5Gを運用するうえでも必要とされています。

引用元:ワイモバイル

4×4MIMO・Massive MIMO対応の端末

4×4MIMOとMassive MIMOに対応のポケットWi-Fiは801HW、4×4MIMOに対応したポケットWi-Fiは603HWのみとなっています。他の機種は未対応で夜になると速度低下に遭う恐れがあるので、ワイモバイルのポケットWi-Fiを契約するなら801HWが最有力機種になります。

ワイモバイルの提供エリア確認方法

住んでいる地域でワイモバイルのポケットWi-Fiを利用できるエリアなのかの確認は簡単で、たったの3ステップで終わります。

  1. 公式サイトのエリア確認ページにアクセス
  2. 利用を検討している端末を選択
  3. ポケットWi-Fiを利用する地域を選択

①公式サイトのエリア確認ページにアクセス

住んでいる地域がワイモバイルのポケットWi-Fiの提供エリアなのかを調べるときは、最初に公式サイトのエリア確認ページにアクセスします。エリア確認ページのURLは以下の通りです。

ワイモバイル エリア確認ページ
https://www.ymobile.jp/area/?ref=gnav

ワイモバイルの公式サイトにアクセスして「エリア」を選択して提供エリアを確認することもできます。

②利用を検討している端末を選択

エリア確認ページにアクセスできれば、次に利用を検討しているポケットWi-Fiの機種を選びます。ここでは最新機種の801HWを選択する場合として説明を続けます。

引用元:ワイモバイル

ちなみに、スマートフォン端末も選択できるので、大手の携帯会社からワイモバイルへの乗り換えを検討するときにもエリア確認ページは活用できます。

③ポケットWi-Fiを利用する地域を選択

利用を検討している端末を選んだあとは、次に表示されるページで住んでいる地域を選択します。

引用元:ワイモバイル

次に表示される提供エリアの分布図で住んでいる地域でワイモバイルのポケットWi-Fiが利用可能なのかがわかるので、細かい住所の入力は不要です。

エリアマップの見方とアドバンスモードの注意点

①から③までの手順を進めると、ワイモバイルのポケットWi-Fi用電波が発信されている地域の分布図が表示されます。

引用元:ワイモバイル

自分が住んでいる地域が赤か青に染まっていればワイモバイルのポケットWi-Fiが使えるわけですが、どちらの色で染まっているかが重要です。

赤色に染まっている場合は従来型のプランのみ、青色に染まっている場合はアドバンスモードが利用できることを意味します。アドバンスモードは一ヶ月に利用できる通信量を無制限にできる機能で、住んでいる地域が青色に染まっていないと月に使える通信量が7GBまでになってしまいます。

上記の分布図を見るとわかりますが、アドバンスモードが使えるのは都会が中心となっていて、田舎と呼ばれる多くの地方では月に7GBまでしか使えません。一ヶ月以内に7GBを消費するほどインターネットを利用すると通信制限がかかり、月末まで速度が超低速の最大128Kbpsになりウェブサイトを見ることすら厳しくなります。

WiMAXが使えるかも要確認

先ほど説明した通り、田舎に住んでいる場合はワイモバイルのポケットWi-Fiが使えても、月に利用できるデータ量が7GBまでと制限される可能性が高いです。このことを考えると、住んでいる地域がWiMAXの提供エリア内なのかの確認も必要です。

WiMAXならどこに住んでいても無制限

WiMAXの提供エリアなのかの確認が必要な理由は、WiMAXなら提供エリア内にいればデータ量の上限をなくしてくれるからです。

WiMAXには地域別での利用できるデータ量に違いがなく、ギガ放題プランに契約すれば提供エリア内のどこにいてもインターネットが使い放題になります。田舎に住んでいてワイモバイルのポケットWi-Fiが無制限で利用できない場合、WiMAXは助け船になってくれるわけです。

キャンペーン実施中のプロバイダで契約すればお得に

WiMAXを契約すればインターネットが使い放題になる状況はラッキーともいえます。

WiMAXを契約してインターネットを使い放題にするとワイモバイルと同様に毎月4,380円が必要になりますが、キャンペーン実施中のプロバイダで申し込むとキャッシュバックや割引を受けて利用料金が安くなります。

とくにおすすめなプロバイダはGMOとくとくBBで、最低でも30,000円のキャッシュバックをもらって実質の利用料金を大幅に削減できます。

WiMAXの提供エリア確認方法

住んでいる地域がWiMAXの提供エリアなのかは4ステップだけで確認可能です。

  1. 公式サイトのエリア確認ページにアクセス
  2. 「ピンポイントエリア判定を見る」を選択
  3. 「ピンポイントエリア判定」の項目にある「住所からピンポイントエリア判定」を選択
  4. 自宅の住所を入力する

上記の手順を踏んで結果が「○」であればWiMAXの利用が可能です。

引用元:UQ WiMAX

WiMAXも主要都市の人口99%をカバーしているほど提供エリアを広げていますが、「△」や「×」と表示される場合は電波が飛んでいない可能性が高いです。

WiMAXの電波が入りやすい端末があるから安心

WiMAXは主回線がプラチナバンド未対応なので、建物が多い場所や室内で電波が届きにくいといわれますが、電波の受信性能が優れた機種が揃っているので安心です。電波の受信性能が良い機種は2つです。

  • W06
  • WX05

まとめ

ここでは田舎でワイモバイルのポケットWi-Fiが使えるのかについて解説しました。

【ワイモバイル回線の仕組み】

  • 独自とソフトバンク回線を併用するからエリアが広い
  • プラチナバンド対応で室内での受信感度も良好
  • 4×4MIMO・Massive MIMOの導入で安定性が向上

ワイモバイルでは自社とソフトバンクの回線でサービスを展開していて、都会と田舎のどちらでも利用が可能となっています。

【ワイモバイルの提供エリア確認方法

  1. 公式サイトのエリア確認ページにアクセス
  2. 利用を検討している端末を選択
  3. ポケットWi-Fiを利用する地域を選択

住んでいる地域がワイモバイルのポケットWi-Fiサービスの提供エリアかを調べるのは簡単ですが、アドバンスモード対応なのかに注意が必要です。アドバンスモードに対応していないと一ヶ月の通信量が7GBまでと限られてしまいます。

アドバンスモードに対応していない田舎の地域は非常に多いのが現状です。

【WiMAXが使えるかも要確認】

田舎に住んでいるとアドバンスモード未対応でワイモバイルのポケットWi-Fiが使い放題にならない恐れがあるので、WiMAXも契約も選択肢に入れておきましょう。

WiMAXも提供エリアが全国規模で、サービス範囲内のどこにいてもギガ放題プランに加入していればインターネットが使い放題になります。キャンペーンプロバイダで申し込めば利用料金が大幅に安くなるので、WiMAXを契約せざるを得ない状況になった場合はラッキーといえます。