ネット回線

WiMAXプロバイダの乗り換えのススメ|違約金が発生しても安心!

WiMAXを契約してから2~3年経とうとすると、もうすぐ更新月がやってきます。

まだまだWiMAXを使い続けるつもりであれば、更新月に解約せずに契約を続けようと思いますよね。すでに更新月が終わってWiMAXの契約を継続している人もいるのではないでしょうか?

実は更新月にWiMAXを解約しないのはかえって損になり、利用料金を安くするにはプロバイダの乗り換えるべきなのです。ここではWiMAXの契約を更新せずに、プロバイダを乗り換えたほうがいい理由を解説します。

WiMAXは契約更新より乗り換えがお得

WiMAXの契約を更新するよりも他のプロバイダへ乗り換えるべき理由は3つあります。理由を知れば、コストの安さと機能性のどちらで考えてもプロバイダ乗り換えが最善と感じます。

キャンペーンを受けて利用料金を安くできる

月額割引キャンペーンを受けている場合、初回の更新月が終わると利用料金が4,000円代にまで値上がりします。主要プロバイダの初回更新月終了後の利用料金を表にまとめてみました。

プロバイダ 初回更新月終了後の月額料金
GMOとくとくBB 4,263円
BroadWiMAX 4,011円
nifty 4,350円
So-net 4,379円
BIGLOBE 4,380円

※ギガ放題プラン

今まで月額3,000円代でWiMAXを利用していた人にとって、4,000円以上に値上がりするのは大きな痛手です。

しかし、更新月に解約して他のプロバイダを新規で契約すれば、新しい割引やキャッシュバックを受けて利用料金が3,000円代の状態を続けられます

WiMAXのおすすめプロバイダキャンペーン5つ厳選|2019年版WiMAXは公式のUQ WiMAXで申し込むものと思っていませんか? 実はプロバイダでWiMAXを申し込むと、キャッシュバックや月額割引を受けて利用料金を安くできます。 ここでは、おすすめWiMAXプロバイダのキャンペーン情報をご紹介します。...

新しい高性能端末が使えるようになる

契約を更新せずにプロバイダを乗り換えると、利用料金が安い状態が続くだけでなくルーターも新しくなります。

WiMAXではルーターが新しい機種であるほど通信速度が速くなるうえに、電波がより一層入りやすくなるので、プロバイダを乗り換えると機能性まで向上できます

契約更新した人も違約金負担キャンペーン開催プロバイダがあるから安心

すでに契約を更新してしまったとしても、他のプロバイダへの乗り換えを検討するのは遅くありません。契約を継続すると次の更新月が来るまで解約するときに違約金を支払わないといけませんが、その違約金が実質0円になるキャンペーンを開催するプロバイダがあるからです。

違約金が実質0円になるプロバイダは利用料金が安くなるキャンペーンも開催しているので、更新月が過ぎている人も諦めずに他社への乗り換えを検討してみましょう。

プロバイダを比較したうえでの乗り換え先の選び方

メリットを見てWiMAXは2~3年以上契約を続けるより、更新月に他社へ乗り換えたほうがお得だとおわかり頂けたのではないでしょうか?しかし、WiMAXは他にも10社以上のプロバイダが取り扱っているので、どこで契約すればいいのかわからないですよね。

その悩みを解消するために、主要プロバイダの利用料金とキャンペーン内容を表にまとめてみました。

プロバイダ キャンペーン 月額料金 3年間での負担料金
GMOとくとくBB 最大35,000円キャッシュバック 1~2ヶ月目:3,609円

3ヶ月目以降:4,263円

117,160円
JP WiMAX 月額割引+Amazonギフト券10,000円分プレゼント 1~3ヶ月目:2,800円

4~24ヶ月目:3,500円

25ヶ月目以降:4,100円

121,100円
AsahiNet 月額料金最大4ヶ月無料+10,000円キャッシュバック 1~4ヶ月目:0円

5ヶ月目以降:4,290円

127,280円
BroadWiMAX 月額割引

他社違約金負担

1~2ヶ月目:2,726円

3~24ヶ月目:3,411円

25ヶ月目以降:4,011円

128,626円
カシモWiMAX 月額割引 【最安級プラン】1ヶ月目:1,380円

2~24ヶ月目:3,480円

25ヶ月目以降:4,079円

【新端末プラン】

1ヶ月目:1,380円

2~24ヶ月目:3,580円

25ヶ月目以降:4,079円

【最安級プラン】130,368円

 

【新端末プラン】

 

132,668円

nifty 23,100円キャッシュバック 1~2ヶ月目:3,670円

3ヶ月目以降:4,350円

132,140円

上記の表をもとに、乗り換え先のプロバイダを選ぶ方法をご紹介します。

実質利用料金が安くなるか

他社へ乗り換える場合、実質の利用料金がどれだけ安いかを第一にして契約先の候補を絞り込んでみましょう。

実質利用料金の安さは実施中のキャンペーンのお得度で変わってきます。キャンペーンの内容がお得であるほど利用料金は安くなるので、まずは割引やキャッシュバックが手厚いプロバイダを契約先の候補に入れてみてください

最新の高性能端末を利用できるか

主要のプロバイダは最新のWi-Fiルーターを取り扱っていますが、なかには古いモデルしか取り扱っていないプロバイダもあります。利用するルーターが古い機種になると通信速度が最大限速くならず、プロバイダを乗り換える意味がなくなってしまします。

新たに利用する機種が古いとアンテナ性能も向上せず、つながりやすさも変わりません。プロバイダを乗り換える際は、念のために新たな契約先が最新のルーターを取り扱っているのかをチェックしておきましょう。

プロバイダを乗り換えてから使いたい機種は以下の2つです。

  • Speed Wi-Fi NEXT W06
  • Speed Wi-Fi NEXT HOME L02

上記の2機種は最大通信速度が867Mbpsと高速で、高性能アンテナ搭載ルーターなのでつながりやすさも以前のルーターより良くなっています。

キャンペーンの適用条件が自分にあっているか

キャンペーンを受ける条件が自分に向いている内容なのかも要確認ポイントです。

キャンペーンを受ける方法は割引かキャッシュバックのどちらが実施しているかで違い舞います。主要プロバイダ別のキャンペーン適用条件も表にまとめてみました。

プロバイダ キャンペーン 適用条件
GMOとくとくBB 最大35,000円キャッシュバック 契約してから11ヶ月目に手続きを行う。
JP WiMAX 月額割引+Amazonギフト券10,000円分プレゼント 契約後に申し込み完了メールに記載のURLへアクセスして手続きを行う。
AsahiNet 月額料金最大4ヶ月無料+10,000円キャッシュバック 月額料金最大4ヶ月無料:自動適用

10,000円キャッシュバック:手続き用のメールを受け取ってから手続きを行う。

kBroadWiMAX 月額割引

他社違約金負担

月額割引:手続き不要

他社違約金負担:契約後に違約金を確認できる料金明細等を提出

カシモWiMAX 月額割引 手続き不要
nifty 23,100円キャッシュバック 契約してから12ヶ月目に手続きを行う。

割引は手続き不要で受けられますが、キャッシュバックはプロバイダが指定した時期に手続きをしないと受けられません。手続きをするのを忘れてプロバイダが指定した時期が過ぎると、キャッシュバックがもらえなくなるので要注意です。

適用条件を踏まえると、確実に利用料金を安くしたいのであれば割引を、手続き内容に注意できる人はキャッシュバックを実施しているプロバイダをといった感じにプロバイダを選ぶべきでしょう。

もうすぐ更新月くるのか

すでに更新月が過ぎているのか、もうすぐ更新月が来るのかもも乗り換え先を選ぶときのポイントです。

すでに更新月が過ぎている場合、解約するときに違約金が発生するので、違約金負担キャンペーンを実施している他社への乗り換えが必要です。もうすぐ更新月であれば、違約金負担キャンペーンがないプロバイダを選んでも問題ありません。

タイミング別のおすすめ乗り換え先プロバイダ

他のWiMAXプロバイダへ乗り換える人へのオススメプロバイダは2つありますが、更新月が過ぎているかでどちらを選ぶべきかがかわります。

UQ WiMAX以外のプロバイダを選ぶのが鉄則

ほとんどのWiMAXプロバイダは割引かキャッシュバックどちらかのキャンペーン適用条件を開催していますが、本家の立ち位置にあるUQ WiMAXは特典を用意していません

UQ WiMAXは本家プロバイダなので信頼性が高いイメージがありますが、他社に乗り換えて利用料金が安い状態を続けるなら、他のWiMAXプロバイダを選ぶのが基本と思ってください。

更新月に乗り換えるならGMOとくとくBBが最安値

引用元:GMOとくとくBB

もうすぐ更新月がくる人には、GMOとくとくBBがもっともオススメです。

GMOとくとくBBでは3万円以上の高額キャッシュバックがもらえるので、実質の利用料金を最安値にできます(先ほどの比較表を見ると、GMOとくとくBBが最安値であることがわかります)。

ただ、更新月が過ぎた状態でGMOとくとくBBに乗り換えると、違約金によってキャッシュバックによるおトク額が9,500円減り実質利用料金が最安値になりません。

GMOとくとくBBの公式サイトをチェック

更新月を逃しても違約金負担キャンペーンがあるBroadWiMAX

引用元:BroadWiMAX

更新月が過ぎてしまった人にはBroadWiMAXがオススメです。

BroadWiMAXは違約金負担キャンペーンを開催していて、更新月が過ぎてしまった人が安心して乗り換え先にできるプロバイダです。GMOとくとくBBに次いで利用料金が最安値になる割引も受けられるので、おトク度も申し分ありません。

Broad wimaxの公式サイトをチェック

まとめ

ここではWiMAXプロバイダの乗り換えがオススメの理由を解説しました。

【WiMAXは契約更新より乗り換えがお得】

WiMAXは更新月を向かえる頃、更新月が過ぎたタイミングのどちらであってもプロバイダを乗り換えたほうがおトクです。プロバイダの乗り換えをオススメする理由は3つです。

  • キャンペーンを受けて利用料金を安くできる
  • 新しい高性能端末が使えるようになる
  • 契約更新した人でも違約金負担キャンペーン開催プロバイダがあるから安心

【プロバイダを比較したうえでの乗り換え先の選び方】

乗り換え先を選ぶときに以下4つのポイントを知っておけば、良いプロバイダを見つけられます。

  • 実質利用料金が安くなるか
  • 最新の高性能端末を利用できるか
  • キャンペーンの適用条件が自分にあっているか
  • もうすぐ更新月がくるのか

【タイミング別のおすすめ乗り換え先プロバイダ】

オススメの乗り換え先は2つありますが、更新月が近いか、すでに過ぎているかで選ぶべきプロバイダが変わります。

もうすぐ更新月が来る人にはGMOとくとくBBが、更新月が過ぎてしまっているのであればキャンペーンで違約金が実質0縁になるBroadWiMAXがオススメです。