IT

Kredo(クレド)のプログラミング留学がスゴい!英語とプログラミングが同時に身につく!

program

IT時代の今、プログラミングが出来るというのは非常に強みがあり、人材としても重宝される傾向があります。

優秀なプログラマーになれば、年収で1億円以上を稼ぐ人もいるほどです。

しかし、最近では小学生でもプログラミングの授業が始まったり、独学やオンラインスクールでプログラミング学習をしてプログラミングが出来る人が少しずつ増えてきており、ただプログラミングが出来るだけでは十分とはいえません。

そこで今回ご紹介したいのが、Kredo(クレド)の”オンラインIT留学”というものです。

オンラインIT留の詳細はこちら

プログラミングと英語が同時に学べる

programenglish

そもそもプログラミング言語は世界共通のものなので、プログラムを組むことが出来れば世界中で仕事をすることが出来ます。

海外の仕事は報酬も高いものが多く、海外から仕事を取ることが出来れば、日本よりもはるかに良い条件で仕事を請け負うことが出来ます。

しかし、そこで課題となるのが英語力なのです。

いくらプログラミング能力が他の人より優れていても、海外から仕事を請け負うためには英語が理解できなければ相手にされません。

KredoのIT留学なら、プログラミングに必要な知識を英語で学ぶことが出来るので一石二鳥でどちらも身に付けることが出来るというメリットがあります。

日本もグローバル化が進んできていることから、これからの時代はプログラミングだけではなく英語力も必須のスキルとなってくるかもしれません。

もちろん、プログラミングに関係なく英語を学ぶことは非常に重要であることは言うまでもありません。

ITの最新情報は海外から発信される

IT業界の最新情報のほとんどは海外から発信されており、仕事をする上では常に最新の情報を頭にいれておかなければなりません。

海外のサイトには日本よりもはるかに多くのIT関連の情報が存在していますが、全て英語で書かれているため英語が分からなければ当然理解することが出来ません。

IT業界の変化は非常に早いので、海外から発信される最新情報を常に確認しておいた方が良いでしょう。

そのためにも、英語力は必要不可欠となるのです。

KredoのITオンライン留学ってどんなもの?

kredo

それでは、KredoのITオンライン留学とは具体的にはどのようなものなのでしょうか?

通常、留学といえば海外に実際に行って現地に住んで学習をしていく必要がありますが、オンライン留学は”オンライン上で留学”するというものなので、実際に海外に出向く必要はなく、インターネット上で留学をするというものになります。

つまり、海外に行かなくても日本からオンラインで学ぶことが出来るので、仕事や学校を止めたり休む必要もありません。

それでは、普通のオンラインプログラミングスクールと何が違うのかというと、授業が全て英語で行われるといところです。

これが、KredoのITオンライン留学の最大のメリットになります。

英語力が出来なくても大丈夫

英語で授業が行われるとなると心配になってくるのが、自分の英語力ではないでしょうか?

日本では英語は必須科目なので誰もが英語を学んでいるはずですが、実際に英語が使えるレベルになっている人はほとんどいません。

そんな人でも大丈夫なように、英語がマンツーマンで学べる授業もあるので安心です。

この英語の授業を受けることによって、英語を学びながら同時にプログラミングも身に付けることが出来るようになっています。

また、現在の英語力やプログラミングスキル、目的によって、いくつかのコースが選べるようになっているのでご紹介していきたいと思います。

オンラインIT留の詳細はこちら

ITオンライン留学のコース種別

school

コースは初心者向けから中級者向けまで、全部で6種類のコースがあります。

Webブートキャンプコース

「Webブートキャンプコース」はプログラミングが初心者の人向けのコースで、これからプログラミングを始めようと思っている人におすすめのコースです。

ゴールは「簡易的な静的ランディングページを作れる」となっており、HTMLやCSSを学ぶことが出来ます。

Webベーシックコース

「Webベーシックコース」も初心者向けのコースですが、「WordPressを用いたWebサイトを作れる」ことを目的としたコースで、HTML / CSS / WordPress / Photoshop等のスキルを学ぶことが出来ます。

WordPressはHTMLやCSSの知識がなくても使うことができますが、これらのスキルを身に着けることで本格的なカスタマイズも出来るようになります。

Webデザインコース

「Webデザインコース」はフロントエンドエンジニアを目指したい人を目的としたコースで、HTML / CSS / JavaScript / jQuery / Bootstrap / Adobe XD等を学ぶことが出来ます。

「デザイン性の高い動的ランディングページを作れる」ことを目的として学習していきます。

Webデベロップコース

「Webデベロップコース」はPHPエンジニアを目指したい人向けの中級者におすすめのコースです。

PHP / MySQL / Bootstrap / Git / オブジェクト指向等のスキルを学ぶことが出来、PHPを用いてログイン機能、予約機能などのシステムを作れることを最終目標として学習を進めていきます。

Ruby on Railsコース

「Ruby on Railsコース」はRubyエンジニアを目指している人におすすめのコースで、中級者向けのコースになっています。

Ruby / Ruby on Rails / Git / オブジェクト指向等のスキルを学ぶことができ、Rubyを用いてログイン機能、予約機能などのシステムを作れることを目的としています。

AIコース

「AIコース」はAI / Pythonエンジニアを目指したい人向けのコースで、Python / Flask / ディープラーニングといったスキルを身に着けることが出来、最終的にはPythonを用いてWebアプリケーション、人工知能を作れることを目的としています。

「Ruby on Railsコース」と「AIコース」はいずれもスパルタコースになっており、英語のレベルも高くなっているのが特徴です。

コース料金等の詳しい情報は公式サイトをチェックしてみてください!

KredoのオンラインIT留学を選ぶメリットは?

KredoのオンラインIT留学を選ぶ最大のメリットは、やはり海外に通用するITスキルを身に着けることが出来るというところです。

日本人はまだまだ英語が出来る人が圧倒的に少ないので、英語+プログラミングが出来るというのはとても強力なスキルであり、持っているだけで大きく仕事の幅を広げることが出来ます。

もちろん収入を大きくアップさせることにもつながるので、どうせプログラミングを学ぶのであれば英語で学ぶのがおすすめであることは言うまでもありません。

世界的なプログラマーを目指したい人や、一目置かれるプログラマーを目指している人は是非チェックしてみてください!

オンラインIT留の詳細はこちら