WiMAX

WiMAXはギガ放題プランでも速度制限がある?条件を徹底解説!

これからWiMAXのギガ放題プランを使うか考えている人のなかには、速度制限があると聞いて契約をするか決めかねている人もいるのではないでしょうか?すでにギガ放題プランを使っていて速度制限に悩まされている人もいるかと思います。

ギガ放題プランには2種類の速度制限があり、無知の状態で使うとすぐに機能性が悪くなりますが、意外とシンプルな方法で対策ができます。速度制限の種類によっては思ったほど使い勝手が悪くならない場合もあります。

ここではギガ放題プランの速度制限の内容と誰でもできる対策方法をご紹介します。これからWiMAXのギガ放題プランを契約しようと思っている人から、すでにWiMAXを利用している人まで必見の内容なので参考にしてくださいね。

ギガ放題プランの内容と2種類の速度制限

WiMAXのギガ放題プランは「毎月使えるデータ量が無制限」であることが売りのサービスですが、以下2種類の速度制限が設けられています。

  1. 3日内10GB使った際の速度制限
  2. LTEオプションでの月間通信量が7GBになった際の速度制限

どちらの条件に引っかかるかで制限時の速度が決まるので、契約前の内容把握は必須です。

①3日内に10GB使った際の速度制限

ギガ放題プランを契約したあとにもっとも受けやすいのは、3日内での使用データ量が10GBになった際の速度制限です。

3日で10GBと聞くとすぐに制限を受けてしまいそうな気がしますよね。たしかに高画質設定で動画を見続けると10GBなんてすぐに使い切りますが、あとでご紹介する改善策を知っておけば厳しい条件にはなり得ません。

制限を受けたとしても、速度が遅くなる時間は条件に該当した日の翌日18時から翌々日2時までです。

②LTEオプションでの月間通信量が7GBになった際の速度制限

ギガ放題プランでは3日で10GBの制限よりもLTEオプションを利用した際の制限に注意が必要です。

ギガ放題プランを契約しても、LTEオプションを使ったときの月間通信量が7GBになると月末まで速度制限がかけられます。

LTEオプションはプラチナバンド対応のau回線を使って通信を行う機能なので、外出先でWiMAXの電波が入りにくいときに活用したいツールですが、速度制限を受けないために多用は要注意です。

制限時の速度

速度制限を受けたときの通信速度は、かかる制限の種類ごとに違います。

3日で10GBの制限を受けたときの速度は1Mbpsなので、標準画質に設定すれが動画の視聴は行えます。LTEオプションでの月間通信量が7GBになった際の制限を受けると、速度が128Kbpsまで落ち込み、動画だけでなくホームページへのアクセスまで難しい状態になってしまいます。

解除は待つしかない

携帯電話のLTE回線では速度制限を受けてもデータ量を追加購入すれば制限を解除できますが、WiMAXのギガ放題プランではどちらの種類の制限も自分で解除できず、自動的に解除されるのを待つしかありません

3日で10GBの制限は条件に該当した翌々日の2時に、LTEオプションでの制限は翌月の1日になると解除されます。

速度制限を受けないための3つの対策

ギガ放題プランを契約してから速度制限を受けないためにできる対策は3つです。

  • 1日に動画を見る時間を決める
  • 動画視聴の画質設定を下げる
  • LTEオプションを多用しない

上記の対策を見ると大幅に利用を制限しなければいけない気がしますが、思ったほど機能性は悪くなりません。

1日に動画を見る時間を決める

ギガ放題プランでの速度制限を避けるベストな方法は、動画の視聴時間を抑えることです。

「動画をたくさん見るためにギガ放題プランを契約したい」と考えている人からすると「視聴時間を決めたくない!」と思いますよね。しかし、3日以内に10GBも使えれば、意外と多くの動画が視聴できますよ。

下記の表をご覧ください。

引用元:UQ WiMAX

10GBでは高画質の動画を約13時間まで視聴できます。ギガ放題プランを契約すれば1日あたり約4時間は高画質設定で動画が見られるわけです。動画を見る時間を1日4時間未満と制限するだけで、速度制限を受ける可能性はかなり軽減されます。

動画の画質を下げる

動画が1日4時間までしか見られないのが困るのではあれば、画質設定を落としてみましょう。

画質設定を標準にすると10GBで約47時間もの動画が見られるようになります。1日あたりにすると約15時間もの視聴が可能になるので、動画による速度制限はほぼ受けなくなります。

スマホであれば標準画質設定でも十分キレイな動画が見られるので、設定変更はかなりオススメです。

LTEオプションを使わない

LTEオプションによる制限を防ぐ対策は、必要のないときにLTEオプションを使わないに尽きます。LTEオプションを使ってからオフへの切り替え忘れも速度制限の原因になるので要注意です。

外でのアンテナ感度が悪いのなら機種変更を検討しよう

外出先で何度もWiMAXの電波が入りにくいと感じるのであれば、新しい機種への買い換えを考えてみましょう。新しい機種は古い世代のポケットWi-Fiよりもアンテナ性能が向上していて、外でもWiMAXの電波を受信しやすいからです。

新しい機種へ買い換える際は以下の2機種のどちかを選ぶといいでしょう。

  • Speed Wi-Fi NEXT W06
  • Speed Wi-Fi NEXT WX05

W06は高性能ハイモードアンテナが搭載モデルなので、WiMAXの電波を受信しやすくなっています。WX05はWiMAXハイパワー対応モデルで、電波が弱い場所でも安定した通信速度を維持してくれます。

自宅だけでWi-Fiを使っているのであれば、高感度アンテナが搭載されたホームルーターのHOME L02もオススメです。

これからWiMAXのギガ放題プランを使う人にも上記の機種を選ぶといいでしょう。

新しいルーターへ買い換えるならプロバイダも乗り換えよう

新しいルーターへ買い換えるのであれば、プロバイダの乗り換えも考えてみるといいでしょう。違うプロバイダへ乗り換えれば、機種変更をしてからの利用料金を安くできるからです。

オススメの乗り換え先プロバイダは以下の2つです。

  • GMOとくとくBB
  • BroadWiMAX

GMOとくとくBBでは3万円以上のキャッシュバックが、BroadWiMAXでは大幅な月額割引で買い換え後の利用料金を安くしてくれます。

GMOとくとくBBの公式サイトをチェック

Broad wimaxの公式サイトをチェック

まとめ

ここではWiMAXのギガ放題プランに設けられている速度制限の内容をご紹介しました。

【ギガ放題プランの速度制限は2種類ある】

ギガ放題プランに設けられている速度制限は2種類です。

  1. 3日内に10GB使った際の速度制限
  2. LTEオプションでの月間通信量が7GBになった際の速度制限

①は対策すれば避けられますし、制限を受けても標準画質設定で動画が見られます。②の制限を受けると実質的にWiMAXが使えなくなるうえに、うっかり受けてしまうので恐れがあるので要注意です。

【速度制限を受けないための3つの対策】

ギガ放題プランでの速度制限をさけるためにできる対策は3つです。

  • 1日に動画を見る時間を決める
  • 動画の画質設定を落とす
  • LTEオプションを多用しない

動画を見る時間を制限するのは嫌と感じる人もいるかと思いますが、10GBでは1日約4時間までの視聴が可能なので、機能性が著しく落ちるほどの対策ではありません。

画質設定を標準にする方法もオススメで、1日に見られる動画の時間が約15時間になります。

LTEオプションによる制限は多用に注意するしか方法はありません。どうしても外出先でWiMAXの電波が入りにくいと感じるのであれば、新しい機種への買い換えを検討してみましょう。