金券

EメールタイプのAmazonギフト券はクレジットカード支払いでは買えない?

emailamazon

クレジット支払いでAmazonギフト券を購入できない。

最近、そういった声が多く聞こえるようになってきています。

ちゃんと買えても手続きが一時保留になり、取引完了までに長い間待たなければならないようです。

このように購入時に待たされるワケとその対策に関して解説しましょう。

なぜ購入にクレジット支払いが使えない場合があるのか?

creditcard
最近はブログやネット上の口コミで、Eメール型のAmazonギフト券が購入できない、注文してから手に入れるまでかなり待つ必要がある、などの声がよく上がっているのです。

実は、このようなケースに遭遇する人たちは1つの共通点を持っています。

その共通点とは、「高額決済」。

これこそが購入完了まで長期間を要したり、購入自体が不可能になったりする原因。

そうすると次に気になるのは、「高額とはだいたい何円以上の買い物がそうみなされるのか?」です。

暗黙のルールながら、従来はおよそ10万円がボーダーラインでした。

これより少額の買い物時に問題が起きたケースはほとんどありません。

しかし近年、この暗黙のルールが機能しなくなっているといいます。

アマギフの買取可能な店舗・サイトを一挙紹介!換金率が良いのは?どこで不要なAmazonギフト券を売却するべきか悩んでいませんか?Amazonギフト券の売却はネットの買取りサイトがオススメです。買取サイトなら高い換金率ですぐ現金化ができます。ここではオススメのAmazonギフト券買取サイトをご紹介します。...

最初から換金を狙って買う人が増加したのが原因か?


高換金率商品の筆頭に挙がるのがAmazonギフト券。

ブランド品や新幹線の回数券といった鉄板商品と並び、現金化に利用されるケースが非常に多く、長い間問題になっているようです。

電子ギフト券を売っている「PINCOM」というサイトは、Eメール型Amazonギフト券の販売を無期限で取りやめています。

これは規制強化のほんの一例にすぎません。

利用細則を見ればAmazonギフト券は最初から現金に換える目的で買ってはいけない商品だと分かります。

また、クレジット会社の中に現金化を認めている所は存在しません。

つまりAmazon・クレジット会社共に、現金化のためのクレジット支払いは本来の用途にそぐわないと考えていることになります。

しかし、PINCOMの禁止事項には「転売を目的とした本サービス販売商品の購入」の一文があり、転売狙いで買う人が存在した事実を暗に示しているのが分かります。

PINCOMでAmazonギフト券を買えなくなった直接の原因が換金狙いの利用者なのかは不明ですが、少なくとも原因の一部であるのは確実と言えます。

詐欺被害が規制の大きなきっかけに

sagi
架空請求の被害にあい、大金をだまし取られた被害者についての報道は、残念ながら今や珍しくもありません。

このような詐欺被害が頻繁にニュースになるのは、年々手口が巧妙になってきているのが理由の1つだと思われます。

巧妙化が特に顕著なのが、お金の受け渡し方法。

従来は直接の手渡しや指定口座へのATM送金程度でしたが、最近になって、「ターゲットにAmazonギフト券を買わせ、送らせる」手法が急増中とのことです。

2017年10月6日、とあるギフト券の買取サイトとその運営企業に対し、警察の捜査が行われました。

それに先立ち、警視庁捜査2課などによって東京都調布市八雲台の会社役員(32)が詐欺の疑いで5日に逮捕されています。

有料動画サービスの利用料金を架空請求し、Amazonギフト券を詐取していたそうです。

また容疑者は、他の詐欺グループが手に入れたAmazonギフト券を、自分が運営している買取サイト「amachan」で換金させることで利益を得ていました。

捜査2課の調べでは、買取サイトでの取引には主にAmazonギフト券が使われていたとのこと。

2015年11月からのおよそ2年間でこの買取によって発生した代金は、なんと合計で12億8千万円ほどにもなるとされています。

この事件についての報道を見るに、詐欺グループは買取サイトと裏で繋がっていたと推測できます。

被害にあった人たちは、現金を払う代わりにAmazonギフト券を買わされたわけです。

これを受けてAmazonは規制を進め、クレジット支払いでのギフト券購入、とりわけ多額の買い物に対し厳しく目を光らせるようになったのでしょう。

Amazonギフト券を買うならコンビニがおすすめ!?お得に購入するポイントも解説!Amazonギフト券は通販で役立つオンライン商品券。 ■支払いが現金でも代金引換時の手数料が0円になる ■景品、もしくはプレ...

クレジット支払いで買うにはどうすればいい?

siharai
金額をある程度分割し、複数回に分けて買う。

この対処法が従来は有効でした。

ですがいくら分割した所で、最終的に合計額が高くなってしまえばあまり意味はありません。

注文を取り消されるか、商品が手に入るまで長い時間がかかることがあるのは一緒なのです。

時にAmazonから「クレジット会社が承認しない」と断りの連絡が来るケースもあるそうです。

ならば、規制強化以前によく買っていた人の扱いはどうなるのでしょう?

原則、購入実績があれば「信用」と呼べるものが発生すると言われます。

また、その際の支払い方法がクレジットカードであれば、今までに利用実績がない人と比較して買うのが容易になるそうです。

では翻って、クレジット支払いの利用が初めての人は?

明確な基準はないものの、およそ3万円くらいの少額であれば支障は出ないと思われます。

ですがこれを超えると取引完了となるまで長期間かかることも。

買えないわけではないので、何がなんでも今すぐに必要なわけでもない限りは、あまり問題には感じないはずです。

しかしながら、長期間待たされると不安を覚える人もいるでしょう。

気になる人はカスタマーセンターに連絡し、確認してみてください。

あくまでクレジット支払いがしたい人には

amazoncredit
どうしてもクレジット支払いがいいのであれば、以下のような搦め手もあります。

■プリペイドカードにチャージ
■PINCOMで買う

ここからは、これらのやり方について解説しましょう。

クレジットカードでプリペイドカードにチャージして買う

プリペイドカードの中でも、「au WALLETカード」「ソフトバンクカード」「dカードプリペイド」などはクレジットカードの括りで利用できるのです。

もちろんEメール型Amazonギフト券の購入もOK。

これらの申し込み窓口は店頭やWebなどとバラバラなのですが、どれも申請後7~10日程度で手元に届きます。

複雑な手続きがないため手軽に申し込めるのが良い点です。

かなり使えるカードなので、どうせなら1枚は持っておきましょう。

また、docomoのユーザーであれば即日で「バンドルカード」を発行してもらえるので、こちらもおすすめ。

Amazonギフト券を購入する手順は以下の通り。

  1. プリペイドカードを手に入れ
  2. クレジットカードでチャージを行う
  3. Amazonの決済方法に「電子マネー」を選択し、プリペイドカードを登録
  4. 決済方法を選ぶ。
  5. プリペイドカードで支払う

こうすれば間接的にクレジットカードでの支払いができます。

間にチャージを挟むことによって手間が増えてしまうとはいえ、プリペイドカード自体がなかなかに役立つものなので、あまり無駄には感じないでしょう。

チャージ分しか利用できないため、使いすぎを防止できるという大きな利点もあるのです。

優秀なサブカードになるので、作っておいて損はないと断言できます。

有効期限
amazonギフト券の有効期限はいつ?期限を延ばす裏技があった?とても使い勝手がいいAmazonギフト券ですが、有効期限が存在するということはみなさんご存知でしょうか? Amazonギフト券に限...

PINCOMでクレジット支払い

siharai
PINCOMでは、Eメール型Amazonギフト券をクレジットカード(VISAかMASTER)で買えます。

サイトトップの「あなたの買ったAmazonギフト券が、善意となる」のリンクから購入手続きに飛べます。

このサイトでの購入時には、制限が2つあります。

「メールアドレス制限」と「メールアドレス与信」です。

初回購入時の上限金額は1万円ですが、購入を重ねていくとこの額が大きくなっていきます。

注意するべきは、メールアドレスは大手3大キャリア(docomo、au、ソフトバンク)のドメインである必要があるという点。

フリーメールでは手続きができません。

まとめ

詰まる所、クレジット支払いでEメール型Amazonギフト券の購入はできます。

ですが時には次に挙げる要因によって不可能だったり、手に入るまで長期間待たされたりします。

■Eメール型Amazonギフト券をクレジット支払いで買う
■1ヶ月間で何度も買う
■一度に多額の支払いを行う

これらは「クレジットカードの紛失や盗難からの不正利用」「ショッピング枠の現金化」「詐欺被害にあって買わされている」などとみなされる可能性のある行為です。

そのため注文を取り消される可能性も。

同じギフト券でもチャージ式の方がポイントが付いてお得なため、わざわざEメール型を買うのは不自然なのも疑われる理由の1つでしょう。

しかしEメール型は他人への贈り物にするという用途もあるのです。

本来は、買うだけで不正利用を疑われることはないはず。

クレジット支払いも同様に、それ自体は問題のある行為ではありません。

クレジットカードで買うことにこだわるのであれば、少々面倒でもプリペイドカードにチャージして買うのが一番確実でしょう。

ギフト券が余ったり使い道がなくなったりしたなら、買取サイトで売るのがおすすめ。
素早く安全に、高換金率でお得に売れます。

クレジット支払いが駄目なら、iTunesカードを携帯のキャリア決済で買い、お金に換える手もあります。

今すぐに現金を必要としている人に好んで使われる手法です。