ゲーム

ゲーミングルーターのおすすめは?オンラインゲームに最適なルーターはこれ!

MMOやFPSといったオンラインゲームのヘビーユーザーのために、ゲームを最高の環境でプレイできるWi-Fiルーターを3つ紹介しましょう。

ゲーム用のWi-Fiルーターを選ぶポイント

オンラインゲームをプレイする時、快適さを確保するためには以下の3つを備えた通信環境が必要となります。

■タイムラグが少ない(ping値が小さい)
■安定性が高い
■容易に切断されない

この中で最も大切と言えるのが、ping値です。

ping値は回線がどれだけ安定しているのかを表す数です。

数が小さいほどタイムラグの発生頻度が下がります。

だいたい30~50msより小さければゲームのプレイに支障は出ません。

ping値が小さいのであれば、回線の通信速度は多少遅くてもOKです。

では先述した3つのポイントを元に、ゲームのプラットフォーム別に最適なルーターをお教えしましょう。

ゲームのプレイ用として最適なルーターはこの3つ!

point

Nintendo Switch、スマートフォン用

「バッファロー WXR-1900DHP2」

最大で1300(5GHz)+600(2.4GHz)Mbpsに対応しています。

CPUは1GHzの高速デュアルコア。

電子レンジを始めとした家電が発している、Wi-Fiに干渉する電波を検知すると、ルーターがチャンネルを干渉されにくいものに自動的に切り替えます。

また、ビームフォーミング機能を標準搭載しており、どこに設置されてもしっかり電波を目標に向けて発信します。

設定をスマホだけで済ませることが可能なため、ゲームをいつもスマホでプレイしている人に最適です。

とはいえ、PCでオンラインゲームをするのであれば、やはり有線接続の方が安定した通信環境を確保できます。

ここを要チェック!

■「干渉波自動回避機能」
Wi-Fiに干渉する、家電が発する電波を検出し、自動で回避する。

■「AOSS 2 Wi-Fiリモコン」
ルーターの設定をスマホで完結できる。

■「ビームフォーミング」
受信機がどこにあるのかを自動的に見つけ、電波を正確に発信する。

PC、PS4用

ps4
「ASUS RT-AC88U」

最大で2167(5GHz)+1000(2.4GHz)Mbpsに対応しています。

メモリは512MBで、CPUは1.4GHzのデュアルコアです。

複数の機器に並行して繋げられて、ping値も可能な限り小さくできます。

どちらもオンラインゲームをプレイする上ではとても重要です。

この製品にもアプリを通してスマホで操作を行える機能や、ビームフォーミングに似た機能が備わっています。

PCやPS4に限らず、Nintendo Switchやスマホでも遜色なく利用できます。

ここを要チェック!

■「MU-MIMO」
複数の機器に完全同時通信ができる。

■「Ai Radar」
受信機がどこにあるのかを正確に把握し、電波を発信する。

■「WTFast」
オンラインゲームのプレイ時、タイムラグやping値を可能な限り小さくする。

光回線を契約していない人向け

先ほど紹介した2つのルーターは、自宅に既に固定回線を引いていることを利用の前提にしています。

固定回線の契約を結んでいないという人には「SoftBank Air」がおすすめ。

こちらは「完全定額」で「使い放題」が売りのホームルーターです。

通常の固定回線とは違い、設置に当たって工事をする必要がありません。

コンセントに接続すれば、すぐ光回線同様にネットを無制限で利用できるのです。

ネット回線に詳しくなくても接続が手軽にできてしまいます。

ルーターの設置箇所を選ぶことなく、自宅のどこでも簡単にWi-Fi接続ができるのが大きなメリットです。

料金は1ヶ月につき3800円とかなりリーズナブル。

その上、キャッシュバックで最大35000円が返ってくるキャンペーンも現在実施中です!

ここを要チェック!

■ホームルーターとして無制限で利用可能。

■1ヶ月の通信料金が3800円とかなり安い。

■今ならキャッシュバックで最大35000円が返ってくる。

ゲーム中にタイムラグがひどい時はどうする?

timelag
最適なルーターにしたはずなのにゲームがサクサク動かない…。

そういった場合、原因はルーターではなくプロバイダにある可能性が大。

ケーブルテレビの光ハイブリット回線(CATV)を例に挙げると、ping値が100~300msにまでなってしまうようです。

オンラインゲームにケーブルテレビのネット回線は向いていないと言えます。

前にも言ったように、ping値さえ小さければ通信速度はいくらか遅くても問題ありません。

接続方法を有線にすると大幅に良くなることもあるため、一度トライしてみてください。

しかしいくら対処しても状況が良くならないのであれば、もうプロバイダを変更し、光回線と新たに契約したほうが速いでしょう。

まとめ

ルーターは様々な機種が発売されているため、自分の用途にピッタリ合致した製品を選ぶのはなかなか難しいものです。

ゲーム中にひどいタイムラグや通信の切断が発生する頻度があまりにも高いのなら、今回紹介したルーターに買い換えることも考えてみてはいかがでしょうか。

値は張りますが、それに見合うだけの機能を備えています。

楽しいゲームを心置きなくプレイしたいなら、買って損はありません。