ガジェット/その他

フリーワイファイは危険?意外に知らない危険性と安全に使う方法を解説!

最近では、かなり街中でのネット環境も整備されている中で、至る所で「フリーワイファイ」が使えるようになってきています。

フリーワイファイを使えば、スマホの通信量を消費することなく、ネットを利用することができるので、非常に便利ですよね。コンビニやカフェなど、ワイファイ環境が完備されている場所は多いですし、海外からくる訪日客にとってもメリットが大きのがフリーワイファイです。

しかし、フリーワイファイを利用する上で、知っておくべきリスクがあります。知らずに使っていると思わぬ危険性があるので注意しておくべきでしょう。

今回はフリーワイファイの危険性を解説し、安全に利用する方法を紹介していきます。

フリーワイファイって何?

フリーワイファイとは

まずは、「フリーワイファイ」について簡単に解説していきます。

「フリー」というのは「無料」を意味し、「ワイファイ」」は無線を使ったインターネット接続の方法を指します。

スマホなどでは、一般的に通信業者の回線を利用してネットに接続しますが、その場合、通信料金がかかってしまいます。

フリーワイファイは文字通り「無料」ですので、これらの通信量を機にすることなくネットが利用できます。

そして、フリーワイファイは街中の施設などで設けられています。コンビニやカフェ、新幹線、自治体などで、フリーワイファイが使える表示などがなされている場合に、スマホの設定から接続することが可能です。

フリーワイファイの中には危険なものがある?

フリーワイファイ危険

コンビニやカフェ、新幹線や自治体などが提供するフリーワイファイは、無料で使えて便利な存在です。

しかし、「無料」のワイファイという意味では、そういったオフィシャルな企業などが提供するサービス以外のものもあります。

それは、いわゆる「野良ワイファイ」というもので、不特定の個人がパスワードなどを設定せずに開放しているワイファイを指します。

個人が利用するポケットワイファイなどの端末は、利用者が料金を支払って利用します。ワイファイ端末からはネット接続のための無線が飛ばされており、それをスマホなどの端末で受信することでネットに接続します。

 

一般的に、個人が利用するワイファイにはパスワードを設定することが可能です。これは、利用者以外の人が無断にワイファイを利用するのを防ぐためのものでもあります。

しかし、中には、パスワードを設定せず、フリーパスのような状態でワイファイを利用している人もいます。

そういったワイファイはその他の人から見れば、無料で接続できてしまうワイファイとなってしまいます。そのため、ある意味「フリーワイファイ」となってしまうのですが、安易にそれらを利用してしまうのは非常に危険です。

 

今回の記事では、いわゆる「野良ワイファイ」を利用する危険性を具体的に紹介していきます。

野良ワイファイを利用する危険性

パスワードが設定されていない理由としては、もちろん利用者が設定を忘れているという場合もありますが、中には、悪意を持ってわざとパスワードを設定していない人もいます。

こういったワイファイを利用してしまうとあらゆる面からリスクを抱えてしまうことになります。ここでは、野良ワイファイを利用する危険性を1つずつ上げていきます。

①通信内容が見られてしまう

他人の通信

野良ワイファイの場合、通信内容が暗号化されずにネット接続が行われているため、ワイファイを利用して通信を行なった内容がワイファイ所有者から把握されてしまいます。

電話やLINE、アプリの履歴、個人情報などのプライベートな内容から、重大な情報まで、数多くのことが漏洩する危険性を孕んでいます。

②位置情報も見られてしまう

位置情報

こういったワイファイを利用してしまうと、GPSを使った位置情報も把握されてしまう可能性があります。フリーワイファイを経由して、スマホ内に侵入されてしまうことによって、接続時だけではなく、それ以外の時も位置情報を把握されてしまい、監視状態に陥ってしまうことも想定できます

③遠隔操作の危険性

フリーワイファイへの接続をきっかけにスマホがハッキングされる可能性もあります。

スマホが乗っ取られることによって、カメラアプリやメッセージアプリなどを悪用されてしまうリスクがあり、犯罪に利用されてしまうことも想定できます

フリーワイファイを安全に使う方法は

次に、フリーワイファイを安全に利用する方法を上げていきます。

①安全なフリーワイファイを利用する

無料で利用できるワイファイを見つけたときは、そのワイファイを提供しているのは誰なのかを把握しておくべきです。

コンビニなどのオフィシャルな施設であれば、セキュリティなどもしっかりしていると考えられます。ワイファイの登録名などを確認して、一般のユーザーが提供しているものではないと判断したものだけ利用するようにしましょう。

また、スマホの設定で、ワイファイへの自動接続設定がありますが、これは解除しておくべきです。

②重要な内容を含む通信は避ける

セキュリティ

フリーワイファイでネットを利用する場合、スマホ回線を使った通信や自分が所有するワイファイなどでの通信と比較すると、どうしてもリスクは上がります。

そのため、ビジネスや個人情報を含む内容など、重要な情報をフリーワイファイで通信することは避けたほうが無難です。無料だからといって無闇に利用しないことが重要です。

まとめ

フリーワイファイの意外な危険性と安全に利用するための方法を解説していきました。

ネットを利用する以上、セキュリティに対する最低限の知識と意識は必要となります。外出先などでフリーワイファイがあると非常に便利ではありますが、このようなリスクがあることを理解し、安全にりようできるようになりましょう。

今後、フリーワイファイなど提供する企業なども増えてくることが想定され、利用する機会も高まってくるからこそ、こういったことは確実に把握しておきたいものです。